お正月

正月の初詣はいつまでに行く?意味と由来について考える

投稿日:

毎年、初詣に行くことが恒例になっているという方は少なくないはずです。

全国各地の有名な神社では、正月三が日になるとかなりの人が訪れています。ただ、人が多すぎるので、ゆっくり参拝できる時に訪れたいなぁと考えている方も多いことでしょう!

そこで誰しもが気になる、「初詣はいつまでに行くべきか?」と「そもそも初詣とはなんなのか?」ということについて見ていきます。

初詣はどんな行事?意味と由来

正月と言えば初詣…ということで、なんとなく神社などに行っている方も多いかと思いますので、初詣がなんのために行われているかを知っていたほうがいいでしょう。

初詣には、「新年に初めて神社やお寺に参拝する」という意味があります。

これは誰でも知っている事ですが、実は深い部分があり、その部分については知らない人が多いのではないかと思います。

本来、「お正月」とは『歳神様』を家にお迎えする行事ですよね。その為新年を迎える前に門松や鏡餅、しめ縄飾りなどを行い迎え入れる準備をするわけです。

ちなみにこの時お迎えする『歳神様』様とは、祖先神であり、主にご先祖様の事を言います。「自宅に神様が居るのであればわざわざ神社に行く必要がない」と思う方も居るとは思いますが、初詣でお参りする神様は『氏神』と言われ、同じ地域に住む人々が共同で祀る神様の事を言います。

なぜ初詣で氏神様にお参りするの?

昔の日本は、ほとんどの家が農家でした。農家で育てられる野菜や穀物は全て自然の恵みと呼べる物です。農家にとって自然は生命と呼べるくらい大切なものでした。

その自然の恵みは全て『神様』と『ご先祖様』が天から見守ってくれるおかげだったのです。その為お正月は自宅にご先祖様を迎え、神社で神様に祈りを捧げたのです。

初詣の由来とは?

初詣は元々『年籠り』と言われ、家の家長(世帯主)が一年の祈願のため大晦日の夜から元旦まで神社に籠り、祈りを捧げていたのが始まりです。

この頃は、1日は暗くなると終わりとされていました。しかし、現在の午前0時が1日の始まりの暦になってからは、「除夜詣」「元旦詣」の2つの形に姿を変え、「元旦詣」の事を『初詣』と言う様になりました。

そうして、年明けという節目に神社やお寺と言う神聖な場所で自分の心の汚れを落とし、新たな気持ちで一歩を踏み出す…と言う風習になったのです。

では、お正月の3が日にの間に参拝するのが初詣なのでしょうか?現在では一般的に三が日に参拝する人がほとんどですが、実はこれが絶対の正解という訳ではありません。初詣はいつ行くべきなのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

初詣はいつまでに行くべき?

初詣はいつまでに行くべきという明確な決まりはないのですが、「松の内」に行くというのが一般的な考え方となっています。

松の内とは、しめ飾りや門松を飾っておく期間のことです。関東の松の内は1月7日までですが、関西では1月15日までと期間にやや違いがあります。

なぜ地方によって差が生じるのかというと、元々松の内は小正月の15日までだったのですが、幕府によって7日で飾り納めをする通達があったため、関東地方では7日までが松の内となっています。

初詣は松の内に行くのがベスト?

松の内に初詣に行くことがベストですが、1月中であればいつでも良いと考えて大丈夫です。

人が多くてしっかりお参りすることができないのではあまり意味がないので、正月三が日や松の内の期間は避けて、あまり初詣客がいないときに訪れた方が良いと思われます。

しかし、最近は初詣がイベントみたいになっていることもあり、本来の趣旨から逸れているところもありますね。さらに正月三が日の人ごみを利用して、スリなどの窃盗が結構起きているので、トラブルを避けるためにも別の日を選択してみるのも全然アリです。

また、何のために参拝しに行くのか?ということを考えてみると、別に1月中でなくても全然問題ないと言うことができます。

年が明けて始めて参拝することが初詣なので、日にちを気にしなくても大丈夫なんですよ♪

-お正月
-,

Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2017 AllRights Reserved.