生き物、動物

白イノシシが人気のピクニカ共和国とは – 犬とキャンプ出来る動物園

投稿日:2015年12月13日 更新日:

20151213pig

ピクニカ共和国で、全身が真っ白のイノシシが人気上昇中です。(※上の画像は豚です)

共和国というと「そんな国があったのか!」と思ってしまいますが、実は国の名前ではなく日本の福岡県に位置する動物園兼キャンプ場のことなんですね。

このピクニカ共和国は動物と触れ合うことが出来たり、色々な体験やキャンプ場でBBQが出来たりと、家族や子供が楽しむにはとても良さそうなところなのです。

ただの動物園ではないこの「ピクニカ共和国」とは一体どんな場所なのでしょうか?また、白イノシシがどんなイノシシかということも解説していきます。

スポンサーリンク

ペット(犬)とキャンプが出来るピクニカ共和国

ピクニカ共和国のコンセプトは「自然と動物と共に」ということです。

○○動物園という名前ではなく、○○キャンプ場という名前でもなく、共和国という名前なのでどういう場所なのか少しわかりにくいですね。

公式サイトでは以下のようにコンセプトが書いてありました。どうやら自然の体験が出来る場所ということのようです。

私たちは、豊かな自然環境や、多種多様な生物の生息が有ってこそ、人間は豊かに生活出来ると考えています。近年、大規模な自然破壊により生物の生活環境は悪化しており、身近なところでも不必要に開発されています。

ピクニカ共和国は、昔の里山のような、自然と人間が持ちつ持たれつの関係が望ましいと考え、そのような環境が戻って来ることを願っています。
コンセプト|ピクニカ共和国 http://www.piknica.com/concept/

ピクニカ共和国の特徴

ピクニカ共和国は動物園というだけでなく、広い芝生で遊んだり、水遊びをしたり、ハンモックでゆっくり休憩したり出来ます。

中でも動物園とキャンプ場が一緒になっているのが特徴です。

キャンプ施設は建物ではなく、芝生広場にテントを張ったものとなっているところがピクニカ共和国の良いポイントですね。

弁当や飲み物の持ち込みがOKで、車はテントの近くに駐車可能。さらにはペットの犬と一緒にキャンプすることもOKという、とても自由な場所になっていますね。

ふれあい動物園が大人気!

ひよこ・モルモット・馬・ヤギなど、飼育されている動物はなんと"50種類"もいるそうです。色々な動物の餌やりや乗馬体験なども出来ますね。

口コミでは「ひよこやモルモット等の数が多すぎて、買ったエサがすぐなくなっちゃった!」という嬉しい(?)口コミもありました。

他にも予約制のドッグランや、土日限定のアイガモレースという面白そうなイベントもあります。

↓アイガモレースの動画がYouTubeにアップされていました。ピクニカ共和国の雰囲気もなんとなくわかるのではないでしょうか?子供たちは大はしゃぎですね。

人気の白イノシシはアルビノ?

この動物園では、全身の毛並みが真っ白のイノシシが特に注目されています。

過去に大分の遊園地でも「ぶーちゃん」という白イノシシが人気を集めましたが、今回は福岡のピクニカ共和国の白イノシシが人気となっているのです。

このように全身が白い動物というと遺伝子疾患のアルビノではないかと考えがちですが、元々イノシシは白の色素遺伝子を持ち合わせている上、この白イノシシは赤目ではなく黒目なんですね。

そのため、アルビノではなく突然変異なのでは?と推測されているようです。(アルビノは黒の色素を作れない)

ネットの反応では、「ただの豚やん」「オッコトヌシ?」なんて言われているみたいですね。

201512131
出典:西日本新聞 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/212177

まとめ

ピクニカ共和国は、移動動物園として幼稚園に出張することもあります。

キャンプ場では上で書いた内容以外にも「ザリガニ釣り」「パン焼き体験」などなど、色々と体験出来るようです。動物園の写真を見るとヤギが家の屋根に登っていたりと、色々と突っ込みどころがあったりもします。

そこまで広いわけではない田舎のテーマパークですが、ピクニックに行くような気持ちで家族楽しく自然や動物と触れ合える良い場所なのではないでしょうか。

また、水曜日と木曜日は定休日なので注意が必要です。変更している可能性もありますので必ず公式サイトで確認して下さいね。

⇒【ピクニカ共和国 公式サイト

-生き物、動物
-,

Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2016 AllRights Reserved.