高速道路のチェーン規制とは?スタッドレスタイヤで走行してもいい?

投稿日:2016年1月24日 更新日:

20160124a

冬の高速道路では、雪によるスリップを防ぐための規制が敷かれることがあります。

特に高速道路では少しのスリップが大事故に繋がりますので、絶対に滑らないように運転しなければなりませんね!タイヤチェーンの規制には「チェーン規制」「全車両チェーン装着規制」、他にも「冬用タイヤ装着規制」など様々な種類があります。

これらの違いは一体何なのでしょうか?

また、最近はチェーンを巻いている車が少なく感じますが、チェーン規制された高速道路でもスタッドレスタイヤなら通行可能かどうかも覚えておいた方がいいですね♪

スポンサーリンク

高速道路のチェーン規制にスタッドレスタイヤはダメ?

大雪や道路が凍結しているときに敷かれるチェーン規制ですが、JAFの回答によると「ケースによっては、スタッドレスタイヤの装着をしていればチェーンなしでも通行できる場合がある」とのことです。

特に高速道路のチェーン規制では、スタッドレスタイヤで走行可能とされるケースがほとんどです。

しかし、高速道路でも「チェーン装着車以外通行止め」というチェーン規制の場合はスタッドレスタイヤで走行できません…。

そのような場所を通過する際には、スタッドレスタイヤをはいていてもチェーンを装着しなければなりません。そのため、冬の高速道路を走る際はチェーンを1個積んでおくことは必須と言えますね。

冬用タイヤ規制って?

高知自動車道ではチェーン規制とは反対に、「冬用タイヤ規制」というものが1年前から試験的に導入されています。

これはチェーン装着車は走行出来ず、冬用タイヤ(スタッドレス)でなければ通行不可というものです。

NEXCO西日本にその規制の理由が記載されていました。

急峻な地形を通過する当該路線は、トンネル区間が非常に長く、雪のないトンネル内をチェーンを装着した車両が走行すると、(1)チェーン切れによる後続車 への危険、(2)冬用タイヤ規制区間内でのチェーン着脱車発生による危険、(3)舗装路面の損傷等が想定されるため、当該区間の冬用タイヤ規制においてはチェーン装着車の通行も規制させていただきます。

出典:http://www.w-nexco.co.jp/newly/h26/1225/

このような高速道路もあるので、基本的に冬の高速道路はスタッドレスタイヤで走行する方が無難ですね。

チェーンの携帯は必須!

チェーン規制された道路では、「全車輪に冬用タイヤを装着する」「駆動輪へのチェーン装着」が必須ということでした。

ちなみにスタッドレスとチェーンが両方必要になるような規制が敷かれる場合は危険度が高いので、安全上「区間通行止め」になる場合がほとんどなのだとか。

また、高速道路では一般道路以上に除雪作業や凍結防止剤の散布が行われており、交通の安全を確保するための作業に力をいれています。雪のない道路では、金属チェーンは逆に危険というわけなのです。

使用するチェーンは金属チェーンと非金属チェーンのどちらでもOKです。いざというときのために、持っているチェーンの付け方くらいは覚えておいた方がいいかもしれませんね。

-
-, , ,

Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2016 AllRights Reserved.