生活・人間

「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い分け方|目上の人に使う正しい敬語は?

投稿日:2016年1月29日 更新日:

20160129

「お疲れ様です」「ご苦労様です」は日常的によく使われる挨拶で、仕事だけでなく学生生活でも使うことは多いですね。

深く考えずに使えるこの言葉ですが、「ご苦労様」を目上に使ってはダメと言われたことがある人は多いのではないでしょうか。

では、お疲れ様なら目上の人に使ってもいいのでしょうか?ご苦労様は部下以外に使えないのでしょうか?この2つの言葉の使い分け方について解説します。

スポンサーリンク

「お疲れ様です」の使い方

お疲れ様ですという言葉は、各種ビジネス書でも目上の人に対して使ってよいとされています。

  • 誰かが帰宅するとき
  • 仕事仲間から仕事の報告を受けたとき
  • 頑張った・疲れたアピールを受けたとき
  • 作業が終了したとき

などなど…。労いの言葉である「お疲れ様」は、このように非常に多くの場面で使える言葉ですね。特別意識せずとも話していることがほとんどだと思います。

さらにお疲れ様は目上の人にのみ使う言葉というわけではなく、誰が誰に使っても問題ない挨拶のような言葉と言えるでしょう。

本当はお疲れ様も目上の人に使ってはダメ?

一般的には使用可能なお疲れ様ですが、それすら目上の人に言うのはNGという人も中にはいます。芸能人のタモリがおかしいと言及したことが一時期話題になりました。

本来は人を労う言葉自体、目上の者が目下の者に使う言葉だとされています。

しかし「お疲れ様です」が批判されるときは、もっと使うべき言葉があるという場合が多いです。例えば、部下が先に帰宅する場合は上司に「お疲れ様でした」よりも「お先に失礼します」と言うべきなのがこのパターンに当てはまりますね。

お疲れ様の代わりになる言葉は?

それでは、上司に対する労いの言葉として「お疲れ様です」以外に何か良い言葉が思いつくでしょうか…?まず思いつかないと思います。

なぜなら、日本語には目上の人に使うべき挨拶というのが存在しないのです。

よって、お疲れ様ですよりも最適な言葉がない場合は「失礼だぞ!」と、直接批判されない限りはあまり気にしない方が良いかもしれません。

「ご苦労様です」の使い方

20160129a

「ご苦労様です」は通常、目上の人には使いません。

上司が部下に対して「ご苦労さん」と言うように、ご苦労という言葉はやや上から目線のニュアンスを持ちます。

しかし、目上の人に対しても「ご苦労様でございました」等の言い方でご苦労を使うことがあります。例えば長期間に渡って重役を勤めていた人が辞職するときなど、お疲れ様では軽く見られてしまうような場合です。

また、市民にとっての議員や警察官など、上司部下の関係ではないような人に尊敬の念を込めて「お勤めご苦労様でございます」と言うこともありますね。

ご苦労様という言葉が目下に使うものというのはある意味で間違いなのです。

それなのになぜ新人研修やマナー講座ではNGとされるのかというと、仕事上で目上の人に言う「ご苦労様」は失礼に当たる場合がほとんどだからです。使わなければ問題になることはないという考え方からきているんですね。

日本語の意味は変化する!

目上の人に対して、会社なら「お疲れ様です」が無難な正解。それ以外では「ご苦労様です」を使うべき場合もあるということでした。

しかし、貴様という言葉が敬語から罵りへの言葉と変わったこともあるように、言葉の意味というのはどんどん変わってきます。また、何に対してもお疲れ様お疲れ様と言うようになったのはつい最近の話なんだとか…。

 

ちなみに、人によってはお疲れ様ですという言葉に対して「別に疲れてないよ!」と嫌味かよくわからない反発を受けることもあります。

その対処法として、職場ではお疲れ様ですの代わりに「失礼します」「ありがとうございます」を使うなど、場合によって臨機応変に対応していくのが良さそうです。

-生活・人間
-,

Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2016 AllRights Reserved.