生き物、動物

福井県の猫寺「御誕生寺」はぬこだらけ!モフモフしたくなるモフモフ!

投稿日:2016年3月20日 更新日:

0320d

福井県にある曹洞宗の寺院「御誕生寺」には猫が約30匹もいます。

たくさんの猫が集まったのには理由がありますが、色々な種類の人懐っこい猫たちが参拝者迎えてくれます。猫好きにはまるで楽園のような場所ですね♪

今回は猫寺と呼ばれる御誕生寺とその猫たちについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

猫寺と呼ばれる御誕生寺

猫がたくさん住んでいる御誕生寺には、多くの猫好きな人たちが全国から訪れます。猫と触れ合うために毎日訪れる常連さんもいるのだとか。

座っていると膝の上に乗っかってきたり、地面が濡れている寒い日には車の上にどっしり座り込んで足跡をペタペタつけたり…。たくさんの人が訪れるだけあって、とにかく人懐っこい猫が多くて逃げる様子もほとんどありません。

至る所で地べたにゴロリと寝ていて、とっても可愛らしいですね。

0320
参考:御誕生寺(ねこねこ寺) http://blogs.yahoo.co.jp/tunamotisennbei/66136294.html

たくさんの猫ちゃんですが、境内は広いので意外と少なく感じるかもしれません。

ノルウェージャンフォレストキャットのモフモフ!

0320b
参考:御誕生寺「ぬこでら」

猫の中でも毛がもふもふで一際目立つのがノルウェージャン・フォレスト・キャットのモフモフ(♀)です。

神々しさを感じてしまうほどの気品のある姿に惚れてしまいますね!

ちなみにモフモフは人は好きだけど猫が嫌いだそうです。人に抱えられていても猫がいると唸ってしまうのだとか…そんなところも可愛らしい。

私は犬も猫もモフモフな方が好きなので、このもっさり具合は最高です(*´ω`*)。御誕生寺のブログには画像がたくさん載っていますよ。

雪を乗っけたモフモフ
0320c

指に鼻を引っ付けるモフモフ(猫パンチ注意)
0320a

モフモフが歩いている動画↓

猫寺にネコが集まる理由

現在は猫寺として有名になっている御誕生寺ですが、御誕生寺は平成14年に修行寺として建立された比較的新しい寺院であり、元々は猫寺ではありませんでした。

なぜ寺院に猫が集まっているのか?副住職によると寺の建立工事中に、段ボール箱に捨てられた4匹の子猫を見つけたのが始まりだったとのことでした。(産経フォト)

それから捨て猫の数が減ることもなく、猫の面倒を見ているうちにどんどん猫が増えていき、いつの間にかすごい数に。

さすがにエサ代や治療費がかさんできてしまったため、なんとかしようとFacebookやブログなどのSNSを活用してみたところ、多くの猫ファンの目にとまり大成功!

それから参拝者が急増して猫寺と呼ばれるようになったというわけです。さらに、お寺の活動に賛同した人たちが猫のエサやお金を寄付してくれるようになりました。

猫の里親も募集中!

御誕生寺では譲渡会という猫の里親募集もしています。

これまで250匹以上もの猫が、御誕生寺から巣立って行きました。中には保健所で殺処分されてしまう猫もいたとのことで、本当に凄い住職さんたちです。

猫寺としてのブランドが確立しつつある御誕生寺は、人と猫を結ぶ場所という「縁結び」として参拝に来るカップルも増えてきたそうです。

猫好きな方なら一度は必ず行きたい場所の一つではないでしょうか。ちなみに「モフモフ」とブサカワ猫で人気の「レオ」は譲渡対象外です。

 

また、猫寺といっても捨て猫の受け入れを行っているわけではありません。猫寺として有名になったからと、遠くから境内に無断で捨てにくる人もいるんです。

猫ブームということで猫を飼う人が増えそうですが、ペットは最後まで責任を持って面倒を見て欲しいですね。

-生き物、動物
-,

Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2016 AllRights Reserved.