生活・人間

日本のマチュピチュは岐阜にある?岩村城跡に続いて「天空の茶畑」が出現

投稿日:2016年5月8日 更新日:

0508photo by szeke

マチュピチュといえば、日本人が一度は行きたい世界遺産ランキング1位に選ばれるほどの美しい人気の遺跡です。

大自然の絶景であることを形容して、兵庫県にある竹田城跡のことを"日本のマチュピチュ"なんていう風に呼ばれたりもします。さらに竹田城跡は雲の上に浮かんでいるような景色であることから、天空の城と呼ばれることもあるほど有名な観光地です。

そんな中、"日本のマチュピチュ"に名乗りをあげる観光地は後を立たないのですが、最近は岐阜県のとある茶畑のことを「天空の茶畑」と呼んでいるのだとか…。

スポンサーリンク

本当のマチュピチュと天空の茶畑

0508c出典:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJ4P56Q5J4POHGB00Q.html

天空の茶畑こと「岐阜のマチュピチュ」は、揖斐川町の山中にある茶畑のことです。

マチュピチュは遺跡名であって、茶畑のことを日本のマチュピチュと呼ぶセンスについてはよくわかりませんが、とても綺麗な景色であることはすぐにわかりますね。

美しい茶畑を守るため、多くの人に知ってもらうため、地元の有志が1年かけて高台へ続く遊歩道を作ったそうです。

それにしても断崖絶壁のことを"天空の道"と呼んだり、山中にある茶畑を"天空の茶畑"と呼んだり、言葉の使い方次第で印象がガラリと変わりますね!

この岐阜のマチュピチュと呼んで注目を集めるという結果は功を奏したのか、Twitterなどでも天空の茶畑に行きたい!行ってきました!という発言を見つけることが出来ました。




日本のマチュピチュはどれだけあるのか?

興味が沸いたので少し調べていると、日本の○○を名乗る場所はかなり多いことがわかりました。

  • 兵庫県:竹田城(日本のマチュピチュ本家!)
  • 愛媛県:別子銅山(東洋のマチュピチュ)
  • 岐阜県:揖斐川の茶畑(岐阜のマチュピチュ)
  • 岐阜県:岩村城跡(日本のマチュピチュ)
  • 大分県:西椎屋の景(宇佐のマチュピチュ)
  • 大分県:原尻の滝(日本のナイアガラ)
  • 長野県:下栗の里(日本のチロル)
  • 岡山県:牛窓(日本のエーゲ海)

うーん…マチュピチュがいっぱい!!

謳い文句は言ったもんがちなのでしょうか?しかし、どれもマチュピチュを名乗るだけあって物凄い絶景ばかりでした。

竹田城跡0508a

原尻の滝
0508b

こんな綺麗な景色を見ると竹田城なども一度は実際にこの目で見てみたいなと思ってしまいますね♪興味のある方は観光に行ってみてはいかがでしょうか。

-生活・人間
-,

Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2016 AllRights Reserved.