雑学

マンホールの蓋はなぜ丸いのか?美しいデザインのご当地マンホール!

投稿日:2016年5月22日 更新日:

0522d

道路に必ず設置されているマンホールの蓋をじっくりと見たことがありますか?

マンホールの蓋は主に人が誤って落ちたりしないように設置するものですが、一体なぜマンホールの蓋は丸い形をしているのかと気になったことがあるのでは。…ないかもしれませんが、実はしっかりとした理由があったのです!

さらに今やマンホールの蓋のデザインも豊富で、ご当地マンホールを巡る"マンホールマニア"もいるのだとか。それぞれ見ていきましょう。

スポンサーリンク

なぜマンホールの蓋は丸い?

マンホールの蓋が丸い理由はたくさんあります。最も大事な理由の一つが「マンホールの中に落ちないようにするため」です。

例えばマンホールの蓋が四角形だった場合、辺の長さよりも対角の長さの方が長いため、蓋の角度によっては穴の中に落ちてしまう可能性があります。

わかりやすいように簡単な画像を作ってみました↓

0522

しかもマンホールの蓋の重さは約40kg~80kg程度と言われています。もしもそんな鉄の塊が落ちてしまったら…拾いに行くのも大変だし、人が下にいたとき大事故に繋がってしまいますよね。

マンホールの蓋が丸い理由

丸くすることの利点は他にもあります。

  • 転がして運ぶことができる
  • 穴の中にはめるのが簡単
  • 角がないので欠けにくい

あれだけ重いマンホールの蓋は運ぶのも大変ですが、丸い形をしていれば道路を転がして簡単に運べますね。一人で持ちあげようと思ったら相当なパワーが必要です。

さらに三角形や四角形などの角がある部分は衝撃で欠けてしまいやすい上、はめるときに穴の形をあわせなければいけないので大変です。

それだけでなく「丸い穴の方が掘りやすいから」とか「丸い形の方が作りやすいから」といった理由もあるようです。

マンホールの美しいデザイン!

マンホールはその役目さえ果たせばデザインは自由です。

日本では地方によって異なる"デザインマンホール"が導入されています。ちなみに記事トップの画像は阪神甲子園球場のマンホールです。

今では9割近くのマンホールが自治体独自のデザインマンホールになっているようですね!地域の特産品や名所などをモチーフにすることが多く、鉄を彫っただけでなく色付きの"カラーマンホール"もあるんです。

0522a

0522b

参照:中日新聞 ご当地マンホール http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/popress/attention/CK2012062002000191.html

マンホールのことまで一々気にしたことがない方も多いかと思います。これを機会に一度、自宅の前のマンホールを見てみてはいかがでしょうか?

新しい発見があるかもしれませんよ!

-雑学
-

Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2016 AllRights Reserved.