お正月

2017年(酉年)はどこに参拝する?人気の鷲神社と鷲宮神社についてご紹介!

投稿日:

新年を迎えたら、初詣に行きますよね!

2016年は申年だったので、「見ざる聞かざる言わざる」の三猿で有名な日光東照宮が大きくスポットを浴びていました。

さて、2017年は酉年です。

どこに参拝に行こうか悩んでいる人は、せっかくなので縁起担ぎとして酉にまつわる神社へ参拝すると良いのではないでしょうか。

鳥が関係している神社は調べてみると、全国そこらじゅうにあるかと思いますが、今回は比較的有名だと思われる「鷲神社(大鳥神社)」と埼玉県の「鷲宮神社」についてご紹介します。

スポンサーリンク

酉の市で有名な鷲神社とは?

鷲神社は、そのまま読むと鳥の「わし」と読みそうですが、実は「おおとり」と読みます。

東京の台東区千束三丁目にある神社で、東京メトロ日比谷線の入谷駅または三ノ輪駅から歩いて10分、つくばエキスプレスの浅草駅から歩いて10分のところに有ります。(大阪の大鳥神社が本社とされ、鷲神社は全国にあります)

公式サイトでも「酉の市 起源発祥」と記載してあるほど酉の市で有名な浅草の鷲神社ですが、2017年が酉年であるため脚光を浴びているということですね。

参考:浅草 鷲神社公式ホームページ
http://www.otorisama.or.jp/yuisyo.html

鷲神社の由緒とは?

社伝による浅草の鷲神社の由緒が公式ホームページに記載されていました。

天照大御神が天之岩戸にお隠れになり、天宇受売命が、岩戸の前で舞われた折、弦(げん)という楽器を司った神様がおられ、天手力男命が天之岩戸をお開きになった時、その弦の先に鷲がとまったので、神様達は世を明るくする瑞象を現した鳥だとお喜びになり、以後、この神様は鷲の一字を入れて鷲大明神、天日鷲命と称される様になりました。

ここで祀られている天日鷲命は「開運、商売繁盛、殖産(生産物を増やすこと)」に御神徳のある神様として祀られているようです。

鷲神社の酉の市とは?

酉の市が作られたのは、ヤマトタケルノミコト(日本武尊)がお礼参りを行った日が「十一月酉の日」だったことに由来しているとされています。

こうしたことから鷲神社は、天日鷲命と日本武尊が祀られているところなんですね。鷲神社は「鳥の社(やしろ)」や「御鳥(おとり)」とも呼ばれますが、現在は「おとりさま」として多くの人々の崇敬を集めております。

十一月の例祭として年中行事の中でも有名になっている「酉の市」も正しくは「酉の祭」と呼ばれる神祭の日なのですが、酉の市の呼び名の方が有名になっています。

また神社の中に入ると、樋口一葉の玉梓乃碑で師である半井桃水に宛てた未発表の書簡文や、同じく樋口一葉の文学碑「春を待つことのはじめや酉の市」という俳人宝井其角の句碑に会うこともできます。

酉の市の熊手などの縁起物をお目当てに訪れる人が多いのですが、静かなときに訪れるのも趣きがあっていいのかもしれませんね。

関東最古の大社?鷲宮神社とは

鷲神社と名前が少し似ている鷲宮神社は埼玉県久喜市にある神社で、関東で最古の大社だといわれています。

ちなみにこちらの神社は大人気の4コマ漫画の「らきすた」の聖地となったということで初詣に訪れる人が多く、大混雑していたことでも有名ですね!

漫画内では鷹宮神社という名前で登場していることから絵馬に「らきすた」の登場人物の絵を描いて願い事と一緒に書き残したり、コスプレして参拝する人も非常に多くなっています。

これによって地元商工会も積極的に関わることになったので「らきすた」のイベントまで行われるようになっているんですって。


引用:http://d.hatena.ne.jp/d-murata/comment?date=20080524

神社内では「らきすた」グッズの販売もしており、例えばお米や甘酒、インスタントラーメン、うまからソースなどがあるそうです。ここでしか購入できないオリジナルグッズのため、アニメファンはもちろん興味がない方でもおみやげに出来るかもしれませんね!

鷲宮神社のご利益、アクセス方法は?

神社自体は出雲族の草創に関係していたのではないかと言われており、この神社の神楽が歴史上で登場するのは1251年のことです。

神社の神前で神楽を舞ったところ、神のお告げがあって祈願が成就したといわれています。ご祭神は商売繁昌や出世金運、厄難消除の天穂日命、交通安全の武夷鳥命、家内安全や縁結び、病気平癒の大己貴命です。

アクセスは東武伊勢崎線の鷲宮神社駅から徒歩8分、東北自動車道の久喜インターから15分ほどの距離になります。駐車場は60台分ほどありますので車で出かけることも可能です。

食事は築年数が百数十年という古民家を活用しているレストランがありますので、そこで食べるのも素敵ですね!レストランでは地元の旬の食材を使った田舎料理や埼玉県の地酒などを中心に、全国のいろんなお酒を味わうことができるようになっているそうですよ。

神社内を一通り見てまわったら、ゆったりと食事の時間を過ごすのも良いのではないでしょうか。

さいごに

名前が似ているけど全く違う「鷲神社」と「鷲宮神社」についてでしたがいかがでしょうか。

どこに参拝するか悩んでいる人は検討してみる価値は十分にアリな神社ですよね!

他にも鳥を祀っている神社はあるので、東京も埼玉県も遠すぎる!という方は地元の県で調べてみてくださいね。きっと思わぬ身近な場所に良い神社があることでしょう。

-お正月
-, ,

Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2017 AllRights Reserved.