芸能

長澤まさみ主演「都市伝説の女」のネタバレと感想を簡潔に!

投稿日:2016年10月18日 更新日:

1018

都市伝説の女」はテレビ朝日系列で2012年と2013年に放送された長澤まさみ主演の刑事ドラマでした。

ドラマはパート1(全9話)とパート2(全8話)に分かれ、都市伝説を主軸とした物語ですね。今回は「都市伝説の女」のネタバレと感想を含めて、簡単にご紹介したいと思います。

放送日は金曜日の深夜枠という事で、主に大人世代をターゲットにしたドラマでしたが、2012年放送から短期間での続編の放送という事で、それなりの視聴率と人気があったのではないかと思います。

都市伝説と刑事ドラマという今までなかった組み合わせに話題を呼んだことは間違いなく、主人公の破天荒なキャラクターと周りを固めるキャストとの掛け合いも注目のドラマでした。

スポンサーリンク

「都市伝説の女」のストーリー

内容を簡潔に書いてみると、警視庁捜査一課の新人刑事である主人公は筋金入りの都市伝説オタクで、幅広い知識を持っていました。

都市伝説の中には史実を示す事実があり、様々な事件は都市伝説と関わっているという考えを持っており、迷宮入りの事件など、表には出て来ないような事件を担当するために刑事になりました。基本的な目的は都市伝説の真贋を証明する事なので、不思議な事件ばかりを追い求める仕事ぶりです。

パート1では日本の都市伝説の代表とも言えるような将門首塚の話や徳川埋蔵金の回など、誰もが一度は耳にした事がある都市伝説が登場する事もあり、非常に話に入りやすい放送となっています。

都市伝説の女の各話

各話の主軸となった都市伝説は以下の通りです。

  • 第1話:平将門の首塚
  • 第2話:ホープダイヤモンド、合わせ鏡
  • 第3話:ドッペルゲンガー
  • 第4話:高尾山の天狗伝説
  • 第5話:女の霊
  • 第6話:東京タワーのライトが消える瞬間をみたカップルは永遠の幸せを手に入れる
  • 第7話:座敷わらし
  • 第8話:狼男
  • 第9話:徳川埋蔵金、かごめかごめ

そして、パート1の最後にはFBIとの人事交流で渡米して最終回を迎えます。

都市伝説の女(Part2)のストーリー

パート2では、FBIから戻った主人公が新たに設置された非科学事件捜査班の一員として活躍をします。話は三億円事件やトイレの花子さん、吸血鬼などパート1以上に有名な都市伝説を中心に進んでいきます。

元々長澤まさみさんという人気女優を主人公に据えているので、深夜帯としては視聴率が高く、パート1の平均視聴率は10%弱、パート2の平均視聴率7パーセントをクリアしています。

感想としては、都市伝説と言えばこれ!という話がパート2の方に多かったように思います。パート2の各話は以下の通り。

  • 第1話 「富士山編」・・・富士の樹海の謎
  • 第2話 「UFO編」・・・UFO、ヒル夫妻誘拐事件
  • 第3話 「13日の金曜日編」・・・北欧神話の魔女フリッグ、ロキ、バルドル
  • 第4話「三億円事件編」・・・三億円事件
  • 第5話 「トイレの花子さん編」・・・トイレの花子さん
  • 第6話 「ロボット編」・・・ニコライ・ボリコフの都市伝説
  • 最終話 「ドラキュラ編」・・・ドラキュラ

パート1では、都市伝説の方に比重を置くというよりも刑事ドラマの方に比重を置いていたので、回によっては誰でも知っている都市伝説ではなく、単なるドラマになっている回もありました。

パート2では、UFOや吸血鬼、アンドロイドやトイレの花子さん等、誰でも知っているようなキャラクターが採用されているので都市伝説と関連しやすい回が多かったと思います。

ただ話の内容はパート2の方が単純のような気がしましたので、個人的にはパート1の方が面白かったですね!

-芸能
-, ,

Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2016 AllRights Reserved.